小若江で痛みの少ない歯科・歯医者なら

〒577-0818 大阪府東大阪市小若江3-9-21(近鉄大阪線「長瀬駅」から徒歩15分)

診療時間
9:30~13:00 × ×
14:30~18:00 × ×

△:15:00~18:00 休診日:木曜・ 日曜・祝日

ご予約・お問合せはこちら

06-6720-7244

当院の虫歯治療

麻酔の工夫で、痛みの少ない虫歯治療を実践

痛みが苦手で、歯医者の受診をためらっている患者さまを、1人でも多く救いたい。その思いから当院では、なるべく痛みを感じさせない、痛みの少ない治療をご提供しています。

治療中の痛みを軽減するには麻酔が有効ですが、この麻酔注射自体が「痛い」とおっしゃる方も少なくありません。

そこで麻酔注射の痛みが少なくなるよう、私どもではさまざまな工夫を施しています。

歯科麻酔用電動注射器

まず、麻酔注射の針が刺さる際の「チクッ」という痛みを軽減するために、表面麻酔を使用。表面麻酔は歯ぐきに塗るタイプと、シールタイプの2種類をご用意し、使い分けています。例えばお子さまの場合は、歯ぐきに塗るタイプのものだと唾液に溶けて味がしてしまう場合があるので、多くのケースではシールタイプを使っています。このように患者さまによって使い分けながら、歯ぐきにあらかじめ表面麻酔をかけることで、注射を打ったときの痛みを軽減可能です。

また、注射針は細ければ細いほど刺すときの痛みが少なくなるため、当院では細い針を採用しています。さらに麻酔液の注入には、電動の注射器を使用しています。電動式注射器によって麻酔液の注入速度を一定に保てば、痛みを感じにくいためです。

麻酔に工夫をこらすことで、痛みの少ない虫歯治療を実現しています。痛みが苦手な方にも、安心してご来院いただきたいと思います。

健康な歯をなるべく削らない治療を提供

歯は削れば削るほど脆くなり、虫歯が再発しやすくなります。つまり、患者さまの歯を長持ちさせるには、なるべく削らないほうがよいのです。

そこで当院では、虫歯に侵されていない健康な歯の組織をなるべく削らず、虫歯の部分だけを削る「MI治療(ミニマルインターベンション)」に取り組んでいます。

MI治療では、症例によって「拡大鏡」と呼ばれる歯科用の虫眼鏡を使用します。拡大鏡を使うと、歯を大きく拡大して見られるため、削り過ぎを防ぎながら精密な処置を行うことが可能です。

そのほかにも、次のような取り組みで「削り過ぎない虫歯治療」を実践しています。

う蝕検知液

「う蝕検知液」は、虫歯に侵された部分だけを識別できる薬剤です。この薬剤を使えば、虫歯の部分を明確化できるため、治療すべき箇所だけを削りやすくなります。そのため、誤って健康な組織を削り過ぎることを防げます。

コンポジットレジン

虫歯を削った部分には、健康な組織を削る量が少なくて済む「コンポジットレジン(歯科用のプラスチック)」を詰めて修復する治療を行っています。このレジンは白い素材なので、お口の中で目立たたないだけでなく、金属アレルギーの心配がない点もメリットです。私どもではコンポジットレジンを複数用意して、患者さまの歯の色などによって使い分けています。

当院は患者さまの歯を少しでも長持ちさせるために、こうした工夫により、なるべく削らない治療に取り組んでいます。

※虫歯の範囲が大きい場合は、金属の詰め物・被せ物を入れることもあります。

虫歯治療の流れ

虫歯の検査

検査器具やレントゲンで、虫歯の進行度合いを調べます。

治療計画の説明

虫歯がどんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。

虫歯の部分を取り除く

虫歯の病巣を取り除きます。歯の神経まで虫歯が達している場合は、神経の治療も行います。

詰め物や被せ物を装着

虫歯の進行度合いや大きさに応じて、詰め物や被せ物を装着します。

再発予防

虫歯を再発させないために、定期検診や歯のクリーニングを受けることをおすすめします。

診療時間

 
午前 × ×
午後 × ×

午前: 9:30~13:00
午後:14:30~18:00
△:15:00~18:00

休診日:木曜・ 日曜・祝日

06-6720-7244

〒577-0818
大阪府東大阪市小若江3-9-21
近鉄大阪線「長瀬駅」から徒歩15分